Macao,Experience. 3

特集 マカオ体感、ゴルフ体感 Part3

Delicious Time とびきりのマカオ食カルチャー。

Text:Miyzawa H, Photo:Kodama H, cooperation:Macao Governt Tourism office

no.2「ポルトガリア」

リスボン屈指の名店が伝える、本場の味わい。

 

旧宗主国であるポルトガルの、本場の味が楽しめるのもマカオの魅力。『ポルトガリア』は、リスボンで90年の歴史を誇る人気店。昨年、アジア1号店がマカオにオープンした。

「もともとビール醸造所を営んでいたのですが、仕込みの合間に料理を作り、お客様にお出ししていたのが店のはじまり。魚介類を豊富に用いるのがポルトガル料理のひとつの特徴で、タラを使った料理は国民食にして当店の自慢。半熟の目玉焼きがのったステーキも、シークレットソースと絡めると、もう絶品!(笑)」

マネージャーのディオゴ・ヴィエイラさんの言葉には、ポルトガル料理への愛が感じられ、彼の話もまた、欠くことのできないご馳走なのだ。

 

ポルトガリア Portugalia
住所/Rua dos Mercadores No.5, Taipa Village, Macao
電話/+853 6280 3992
営業時間/12:00~22:00
備考/蟹肉のパテMOP95, タラのソテーMOP220, ポルトガル風ステーキMOP190, ほか。
www.portugalia.com.mo/en/

 

 

ポルトガル料理は魚介類を多く用いる。蟹肉のパテは、パンに付けていただくと、口いっぱいに蟹の風味が広がる。